文化遺産の保存にCintooクラウドを活用

Cintoo Cloudは、膨大な点群データの管理、遺跡の長期的な記録、複数の関係者とのレーザースキャンの共有といった利点から、世界中の主要な文化財保護プロジェクトに携わるチームに利用されています。

2020年、Case Technologies社と共同でウェビナーを開催し、遺跡を記録しようとする際に保存チームが直面する課題と、それに対処するためにCintoo Cloudがどのように活用されているかを明らかにしました。

ゲストの一人、ジョンズ・ホプキンス大学講師のダグラス・プリチャード氏は、放置、メンテナンス不良、過剰な観光、都市の侵食、汚染、異常気象、海面上昇、地震問題など、文化遺産が直面する多くの課題を取り上げました。

しかし、その際に大きな問題となるのは、膨大な量のデータが生成され、それをどのように管理するかということです。チームは、データから意味のある情報を抽出し、プロジェクトに関心を持つすべての人の間で流通させることができなければなりません。これは、スキャンチーム、IT担当者、保全チームなど、誰でも可能です。中には、技術者でないため、点群の操作方法を知らない人もいます。ですから、明確なオンラインシステムの利点は、世界中の様々な人にスピーディーにデータを提供できることです。

ローマ・サピエンツァ大学のカルロ・ヴィエンティーニが始めたローマのサンタ・マリア・マッジョーレとフィレンツェのメディチ家礼拝堂の2つのプロジェクトでCintoo Cloudが使用されているのをDouglasは初めて目にしました。礼拝堂のプロジェクトでは、チームは一連のスキャンを行い、それをCintoo Cloudのプラットフォームへアップロードすることができました。これにより、スキャンデータの可視化だけでなく、メタデータを参照することも可能になりました。これにより、プロジェクトで何が達成され、何がまだ達成されていないのかを明確に理解し、今後の作業を進めるためのベンチマークとして活用することができました。また、建築家、保存修復師、プロジェクトマネージャー、財務担当者など、必ずしも技術者ばかりではない大規模なチームとのコミュニケーションも、このプラットフォームを利用することで可能になりました。

お客様のレーザースキャンデータでこのプラットフォームをテストし、プロジェクトのワークフローを改善するためのメリットを実感していただくために、こちらから素早く、簡単に、無料でテストしていただけます。 www.cintoo.com/try

Volterra-Detroit財団の理事であるPaul Albin氏(作家)とMark Dietrick氏(Case Technologies社サービス部門ディレクター)は、イタリアの古都Volterraにある学生寮をアップグレードする大規模なプロジェクトについて、そして定期的にスキャンすることで経時変化や進化を検出するプラットフォームを利用していることを紹介した。

2016年、ヴォルテラ・デトロイト財団とケーステクノロジーは、オートデスクを含むさまざまなスポンサーとともに、毎年この地でReality Captureワークショップを実施し始め、参加者は歴史的に重要な建築、考古学、芸術の宝物をデジタルで再構築し保存しています。

ワークショップが始まる数年前、中世の壁の一部が崩れ、崩れる前の壁の十分な資料がなかったため、修復の多くは推測で行われました。しかし現在では、定期的にスキャンすることで、もしまた同じようなことが起こったとしても、レーザースキャンのデータから以前の状況を正確に知ることができ、修復の助けになります。

Cintoo Cloud を使用することで、プロジェクトチームは、ネイティブの点群データでは得られない非常に高いレベルの詳細を見ることができます。また、新しいスキャンを以前のスキャンと比較し、浸食などの変化を特定しながらスキャンを行うことができます。

このプロジェクトのもう一つの重要な要素は、一般への普及活動です。そのため、データを民主化し、世界中の人々がスキャンした遺跡を見ることで、彼らが行っている仕事をより理解してもらうために、このプラットフォームを利用しています。インターネット接続とブラウザがあれば、専門的な知識は必要ありません。

このような歴史的プロジェクトを閲覧する際のCintoo Cloudのさらなる利点は、データをVRヘッドセットにストリーミングすることで、より没入感のある体験ができることです。各スキャンで可能な限り高い解像度でメッシュがストリーミングされるため、コンテンツを最適化する必要はありません。スキャンからスキャンへ移動し、各スキャン位置に没入することが可能で、表示モードはRGB、Surface、X線に設定することができます。さらに、ユーザーは、距離を評価するためのポイントツーポイントの測定や、メモやコメントを作成することができ、クラウドに保存されるプロジェクトのメタデータをさらに充実させることができます。

世界各地の文化的に重要な遺産の保護に貢献するため、当社は、次の50年に向けて遺産保護の刷新と強化を図るために設立された「Our World Heritage」と提携しました。世界的なネットワークを構築することを使命とする同団体は、保護意識の向上と保護の拡大を目的としたイベントを年間を通じて開催する予定です。2月6日(土)に開催されるウェビナーでは、Cintoo Cloudがどのように遺産保護チームのモニタリングに役立っているか、チームに参加する予定です。詳細はLinkedInとFacebookのページでお知らせします。

Volterraチームがどのようにこのプラットフォームを使用しているかを視覚化したい場合は、ここでVolterra Baptistry Heritageサイトの3Dデモをご覧ください。 https://aec.cintoo.com/415171B27283B081B3F0.

Cintoo Cloud がお客様の保存プロジェクトに関連するスキャンデータの管理とコラボレーションにどのように役立つかをお知りになりたい場合は、電子メールにてお問い合わせください。 sales@cintoo.com

すべての画像はボルテラ・デトロイト財団(Volterra-Detroit Foundation(volterra-detroit.org))に提供されています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須項目には*印がついています。

お問い合わせ
ご質問やお問い合わせはこちらへどうぞ。

Cintoo Cloud ユーザーガイド
今すぐプラットフォームを使い始める

ビデオチュートリアル
Cintoo Cloudを最大限に活用するための解説ビデオです。