.
ロゴ・チントゥーW

Cintooクラウドで点群データを活用することで、お客様はどのようなメリットを得ていますか?

シェア

最新のウェビナーでは、Spar3D社と共同で、「Cintoo Cloud: The Scan & BIM platform for Architecture, Construction and Engineering Services」と題したセッションを開催しました。

Cintoo Cloudを選んだ理由や、このプラットフォームがプロジェクトのワークフローにもたらすメリットについて、数名のお客様にご参加いただき、発表していただきました。

まず、世界的な設計会社であるStantec社のイノベーションオフィスで地理空間技術リーダーを務めるKevin Grover氏は、Cintoo Cloudによって大規模なプロジェクトチームがデータをプラットフォームに取り込み、チームメンバーに共有できるようになったことを紹介しました。また、データへのアクセスや編集を許可する権限を設定できることは、効果的なデータ管理のための重要な利点となっています。また、同社が当社のプラットフォームを選択したもう一つの重要な理由は、自社と顧客のデータがクラウドに安全に保存されているというデータの安全性にあります。

次に、Architecture49 のシニア BIM & Visualization スペシャリスト Tim Barnes 氏と HOK Architects のデザイン テクノロジー スペシャリスト David Avella 氏が、両社が共同で取り組んでいる大規模歴史再生プロジェクトで発生する膨大なデータを管理するために、このプラットフォームをどう活用しているかを説明しました。このプラットフォームでは、250~300人のユーザーが同時に点群データを3Dメッシュとしてアップロードし、それを見る必要のあるすべての関係者と迅速に共有することができます。また、プロジェクトの所在地であるカナダのサーバーにデータを保存できるため、より迅速にデータにアクセスできるようになりました。

次に、建築、エンジニアリング、建設管理のグローバルなプロジェクトデリバリー会社であるSSOEのシニアVDCテクニカルリーダーであるMark LaBell Jr.氏にご登壇いただきました。Mark氏のチームは、プロジェクトデータの納期が非常に厳しく、Cintoo Cloudを使用することで、膨大な点群データを3Dメッシュとして非常に迅速にアップロードし、プロジェクトに関わる他の企業を含む、アクセスや作業が必要な人たちと共有することができるようになったそうです。さらに、このプラットフォームは Autodesk BIM360 と統合されているため、チームは Navisworks モデルを簡単にアップロードして、As-Built と比較検討することができるのです。

最後に、不動産開発・設計施工会社 Clayco 社のシニア VDC マネージャー Kevin Oakley 氏とバーチャルデザイン・施工担当副社長 Tomislav Zigo 氏は、このプラットフォームによって Reality Capture データを広く共有し、すべてのパートナーとコラボレーションして、迅速に情報を交換してプロジェクトを進行できるようになったことを説明しました。特にコンクリート部門では、品質管理のために床の平坦度など細部を評価する必要があるため、正確な現況データの表示も欠かせません。

ウェビナーの模様はこちらからご覧いただけます。を使用して点群データをどのように活用しているか、また、点群データを組織に統合することで得られる主な利点(時間の大幅な節約、ワークフローの合理化、品質保証など)を聞くことができます。

私たちは、北米だけでなく、ヨーロッパ、オーストラレーシアを含む世界中の企業様とお取引させていただいております。Cintoo Cloudを利用してレーザースキャンデータを管理・配布し、遠隔地のプロジェクトチームで共同作業することで、どのようにレーザースキャンデータの価値を高めることができるか、sales@cintoo.comまでご連絡ください。

ホーム
アカウント
カート
検索