.
ロゴ・チントゥーW

アズビルトとBIMモデルを比較することの価値

シェア

ここ数年、建設プロセスにおけるBIMの利用が大幅に増加しています。ここでは、Cintoo Cloudを使用してAs-BuiltとBIMモデルを比較する2つの説得力のある理由について説明します。

建物の改修工事の始まり

この技術により、リノベーションの初期段階で重要なスキャンとBIMの比較をより簡単に行うことができるようになりました。建物の築年数によっては、既存の図面が古く、現状に関する詳細な情報が不足している場合があります。スキャンすることで信頼性の高い現況の3Dデータを取得し、正確なBIMモデルの作成をサポートします。作成したモデルは、レーザースキャンデータと比較し、厳密に現実に即しているかどうかを評価することができます。この作業は、リノベーションの設計に使用されるBIMモデルの品質を確保するために不可欠です。

Cintoo Cloudを使えば、レーザースキャンデータとBIMモデルを簡単に比較することができます。Cintoo Cloudにレーザースキャンデータを保存した後、BIMモデル(ディスクまたはAutodesk BIM 360)をアップロードし、両者を視覚的に比較することで問題を検出することができます。問題が見つかった場合、BCF(BIM Collaboration Format)エクスポートやBIM Trackウェブプラットフォームとの直接統合により、簡単に文書化し、関係者と共有することが可能です。

ビルドを通して

Cintoo Cloud が BIM プロセスをサポートする 2 つ目の大きな方法は、建設そのものにあります。どのような建築物であっても、建築のあらゆる段階で、変更指示やプロジェクトの遅延を避けるために、できることはすべて行っておきたいものです。建築の進捗に合わせて定期的にスキャンを行うことで、常にデータとBIMモデルを比較し、正確性を確保し、問題が発生する前に先手を打つことができます。これにより、建設プロセス全体を通して品質保証と品質管理を行うことができます。

Cintoo CloudにレーザースキャンデータとBIMモデルをアップロードすることで、データの閲覧・共有・メモが簡単にできます。また、ウェブビューワーで精度を確認したり、ヒートマップでスキャンとモデルを比較することで、問題を簡単に発見することができます。プロジェクトに関わる誰もが、デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど、ウェブ対応デバイスを使って、いつでもどこからでもデータにアクセスすることができます。Cintoo Cloudで検出された問題は、Autodesk BIM 360やBIM TrackなどのBIMコーディネーションソフトウェアと統合し、関連チームと連携して対処することが可能です。

Cintooクラウドは、関係者が同時に明確で理解しやすいデータに基づいて作業することを可能にし、すべての関係者が協力して作業することを促します。Cintooクラウドは、建築プロジェクト全体の品質コンプライアンスを監視するための非常に効果的な方法を提供します。このプラットフォームのトライアルをご希望の方は、www.cintoo.com。デモをご希望の方は、sales@cintoo.comまでご連絡ください。

ホーム
アカウント
カート
検索